「アクシデント・2」新宿25 時

「アクシデント・12」10.21

展覧会概要

日本を代表する写真家として1960年代より活躍する森山大道。近年では、ニューヨーク、パリ、ロンドンなど、海外の美術館で大規模な展覧会が開催され、世界各地で写真集が出版されるなど、国際的な評価も高まっています。

東京工芸大学写大ギャラリーでは、「にっぽん劇場写真帖」や「写真よさようなら」など、1960年代から1970年代に制作された森山の初期の代表的な作品の貴重なヴィンテージ・プリント※を約一千点所蔵しています。

本展は、この写大ギャラリー収蔵作品の中から、森山が1969年に写真雑誌『アサヒカメラ』で一年間(12回)にわたって連載した作品「アクシデント」を一挙展示するものです。 

「アクシデント」シリーズは、事件や事故など社会的でタイムリーな題材を扱いつつ、テレビ画面やポスターの複写といった手法が大胆に取り入れられており、写真の時代性や複製性を問う、森山初期の重要なシリーズとして近年特に高く評価されています。

写大ギャラリーが収蔵する「アクシデント」シリーズのヴィンテージ・プリントには、『アサヒカメラ』に掲載された作品の他に、未掲載カットやトリミング違いなどの作品も多数含まれています。本展はそれらも合わせて展示することにより、当時の森山の挑戦的な試みの全貌を伺い知ることができる展覧会となるでしょう。

※ ヴィンテージ・プリントとは、写真家が撮影した当時に制作されたプリントを指し、写真家の撮影時の意図を最も表すものとして、美術館等では特に重要なプリントとされる。

基本情報

会期 2014年9月22日(月)~ 2014年10月26日(日) 10:00~20:00
会期中無休・入場無料
会場 東京工芸大学 写大ギャラリー
〒164-8678 東京都中野区本町2-4-7 芸術情報館2F
TEL 03-3372-1321 (代)
地下鉄丸ノ内線/大江戸線 中野坂上駅下車 1番出口・徒歩7分
展示作品 モノクロ写真作品 50点
主催 東京工芸大学芸術学部

作家プロフィール

森山大道 (もりやま だいどう)

1938年大阪府生まれ。商業デザイナーを経て、写真家の岩宮武二、細江英公に師事。1963年よりフリーの写真家として独立。以降、写真雑誌などで作品を発表し続ける。

1967年に「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞を受賞。1969~70年には多木浩二や中平卓馬による写真同人誌『プロヴォーク』に参加し、ハイコントラストで粗粒子な先鋭的写真表現を展開した。1983年に日本写真家協会年度賞、2003年第44回毎日芸術賞、2004年ドイツ写真家協会賞などを受賞多数。日本のみならず、海外でも高く評価されており、アメリカ、イギリス、フランス、オーストリア、ベルギー、ドイツ、中国、スペインなどでも個展を開催。現在も精力的に制作を続ける傍ら、東京工芸大学客員教授も務める。